購入書籍・2022年7月編

 ・今村翔吾著『蹴れ、彦五郎』
 ・木下昌輝著『つわもの』
 ・矢野隆著『戦百景 川中島の戦い
 ・小狐ミナト著『ぽんこつかわいい間宮さん2 ~社内の美人広報がとなりの席に居座る件~』
 ・岸本和葉著『一生働きたくない俺が、クラスメイトの大人気アイドルに懐かれたら 2 国民的美少女と夏の思い出を作ることになりました』
 ・ネコクロ著『迷子になっている幼女を助けたら、お隣に住む美少女留学生が家に遊びに来るようになった件について 2』
 ・硯昨真著『小説家・芥木優之介には恋と飯が足りていない』
 ・燦々SUN著『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 4.5』

 以上。
 先月は『この二ヶ月は購入冊数が少ない』と言っていたと思ったら、このカウンターパンチ。一応、今日段階で先月購入した『若武者 徳川家康』を読んでいるので、嵩は減りました。今月8冊も購入したのでチャラ同然ですが。
 歴史物3冊、ラノベ4冊(全て続巻)、ライト文芸?1冊。バランスはいいと言えばいいですが。一番の期待作は、やっぱり『蹴れ、彦五郎』ですね。今村翔吾先生の歴史小説はどれもとても面白くて、今から読むのが楽しみです。

 ……余談ながら、今年に入ってから「あれ?この小説買ったっけ?」と頭を抱えることが多くなりました。一度読んだ本は大体覚えているのですが、積み本が大量にあるせいで把握しきれなくなってきました。『つわもの』も木下昌輝先生ですので文芸書で発売されていたら絶対にチェックしている筈ですし(幸い、セーフ)、『時々ボソッと(以下略)』も先週ラノベ3冊を買っていたのもあり「あれ!?先週買ったっけ!?」と困惑しました(こちらもセーフ)。
 いい加減、未読本が3冊以上ある現状を打開したいものです。

梅雨明け→梅雨?→夏本番

 先月は「梅雨入りしたけど全然梅雨っぽくない」と書きましたが、まさかの戻り梅雨。猛暑もひと段落して、7月でも比較的涼しく過ごせました。梅雨入りしてからの降雨よりも、梅雨明けした後の降雨の方が多いくらいかも?
 曇りがちな日々がしばらく続きましたが……月末が近付くにつれて気温も上昇、昨日今日に至っては猛暑日と、夏本番になってきました。
 8月は暑くなるのか、それとも涼しくなるのか。6月の例もあるので、本当に読めないです。

購入書籍・2022年6月編

 ・今野敏著『清明 隠蔽捜査8』
 ・嶋津義忠著『若武者 徳川家康
 ・小湊悠貴著『ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人6』
 ・高山ちあき著『藤丸物産のごはん話 2 麗しのロコモコ

 以上。
 4冊中3冊がシリーズ物。『隠蔽捜査』『ホテルクラシカル猫番館』は待望の続刊になります。
 『藤丸物産のごはん話』に関しては前の話が良かったので、期待を込めて購入。
 先月・今月と冊数は少な目で、どうにか未読本の山も嵩が減ってきました……早く追いつけるよう、意識して読書したいです。

梅雨は、どこ……?

 6月中旬に梅雨入りしたものの、梅雨独特のジメジメシトシトした感じはあまり無し。
 まぁ、梅雨入りしてすぐだからそんなにすぐ雨ばかりにならないよな……と思っていたら、唐突な猛暑。そして、夕立。
 ……一体、梅雨はどこに行ったのですかねぇ? いや、梅雨の時期が好きという訳ではありませんが、いきなり夏本番というのは流石に体にキツイです。

 まさか、この後に長雨が続いて、夏本番の時期まで続くってこと……ないですよね?

購入書籍・2022年5月編

 ・小狐ミナト著『ぽんこつかわいい間宮さん ~社内の美人広報がとなりの席に居座る件~』
 ・ケンノジ著『痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった6』
 ・凪木エコ著『かまって新卒ちゃんが毎回誘ってくる その2 ねぇ先輩、恋のライバルなんて聞いてないです!』

 以上。
 今月は控えめなラノベ3冊。内、2冊は続編もので、残り1冊も先月店頭に並んでいたものの保留していたものになります。
 『(前略)S級美少女(後略)』もシリーズ6冊目。少しずつ、進展はしているので、今作はどういう話になるか期待です。

 今月は購入数が少なかったので、積み本も消化が進みました。とりあえず、寝ている時に倒れてきても顔に当たらないくらいの高さにはなりました。
 あとは……もうちょっと読むペースを上げて、前月購入した本をもっと読めるようになりたいですね。

乱れたリズムを取り戻したい

 先月末に3回目の新型コロナのワクチン接種をして、当日・翌日の二日はほぼ寝てました。
 しかし……ゴールデンウィークの中頃から、眠りにつくまで時間が掛かるようになりました。スッと眠れても15分、ひどい時は2時間3時間経っても眠れない日が何日も続くことも。眠れずに夜明けを迎えたことも何回も。加えて、眠れても1時間~2時間で目が覚めてしまうことも。グッスリ眠れたのは、今月は恐らく片手で数えるくらいかも。
 齢を重ねると眠れなくなるとは聞いていましたが、正直かなり辛いです。1日なら何とかなりますが、2日3日と続くと体力が回復してないのが肌で感じるくらいです。そして、眠ろう眠ろうと意識すればするほど、眠気が引いていく悪循環も。

 やっぱり、眠れないのは辛いです。

購入書籍・2022年4月編

 ・早見俊著『放浪大名 水野勝成 信長、秀吉、家康に仕えた男』
 ・トネ・コーケン著『スーパーカブ8』
 ・燦々SUN著『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 4』
 ・白鳥士郎著『りゅうおうのおしごと! 16』
 ・喜多みどり著『弁当屋さんのおもてなし しあわせ宅配篇4』
 ・茜ジュン著『自炊男子と女子高生』

 以上。
 今月は6冊。8→9とハイペースで購入していた2ヶ月と比べるとやや少なくなったものの、それでも多い方です。
 続編ものが4冊。この内『スーパーカブ』は完結巻、『りゅうおうのおしごと!』は終盤。この2冊は順番を変更して読みましたが、期待通りの内容でした。
 早見俊先生の作品も、個人的には期待値高め。『自炊男子と女子高生』はやや表紙の絵に惹かれて購入。……出来れば来月中には読みたいなぁ。

 ※4/29 追加
 ・上田秀人著『布武の果て』
 ・しめさば著『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。Another side story 後藤愛依梨 上』
 ・結石著『陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです 3』

 け、結局9冊の購入に……連休中でどれだけ消化出来るかがカギになりそうです。

対処出来るようになったのか、気が緩んでいるのか

 新型コロナの流行が始まって、3年目。桜の開花と共に、人出も増えたように感じます。
 従来のものと比べて毒性が弱いとされるオミクロン株の特性からか、それとも新型コロナのワクチン接種が進んでいるからか。
 どちらにしても、コロナ前に近い人出は、やっぱり怖いと思う自分が居ます。
 メディアでは「若者の接種率の低さが課題」と盛んに喧伝してますが……そもそも若者に接種券が届いていないのも問題かと(私も今月中旬に届きました)。そもそも届いていないのに「若者は接種しない!けしからん!」と言っているのもモヤモヤしています。

 早く、特効薬が出来て、何の気兼ねなく行動できる日が来るといいですね。

購入書籍・2022年3月編

 ・ネコクロ著『迷子になっている幼女を助けたら、お隣に住む美少女留学生が家に遊びに来るようになった件について』
 ・五十嵐貴久著『コンクールシェフ!』
 ・叶田キズ著『ねぇ、もういっそつき合っちゃう? 2 幼馴染の美少女に頼まれて、カモフラ彼氏はじめました』
 ・今村翔吾著『幸村を討て』
 ・三好徹著『戦士の賦 土方歳三の生と死 上』
 ・三好徹著『戦士の賦 土方歳三の生と死 下』
 ・近衛龍春著『御館の幻影 北条孫九郎、いざ見参!』
 ・村木嵐著『阿茶』
 ・原田ひ香著『古本食堂』

 以上。
 先月の8冊に引き続き、今月も9冊購入。……意識して読書するようにしていますが、消化が追い付きません。
 『(前略)カモフラ彼氏はじめました』は今月出ると薄々知ってましたが、ここまで冊数が嵩むなんて思ってもいませんでした。ラノベが2冊しかないのも意外。
 来月次第では、GWは読書三昧になりそうです。……なお、来月は既に『スーパーカブ8』『りゅうおうのおしごと! 16』の購入が確定しています。マジで読むペースを維持または上げていかないと、本を置く場所に頭を悩ませる事態になる……。
 

気が滅入る時だからこそ

 ロシアによるウクライナ侵攻から1ヶ月が経過。
 戦争状態以前から続いている原油高・原材料の高騰に伴う物価上昇。
 未だに続く新型コロナ禍。
 諸困難にも動きが鈍い政治。

 何かと気が滅入る時だからこそ、沈鬱とした気分に囚われないようにしたいものです。